静かなる殺し屋:ドイツ、対無人機レーザーガンを発表

© 写真 : Youtube/ Rheinmetall Defence静かなる殺し屋:ドイツ、対無人機レーザーガンを発表
静かなる殺し屋:ドイツ、対無人機レーザーガンを発表 - Sputnik 日本
ロンドンで開催中の武器博覧会「防衛および安全保障関連装備展」でドイツの兵器製造会社ラインメタル・ディフェンス・エレクトロニクスは、対ドローン用レーザー装置を発表した。構造はガトリングガンに似ている。

砲塔1つに4つの高出力レーザー(各20キロワット)が供えられる。レーザーガンにはオーバーレイ・システムと呼ばれる装置が搭載されており、これで4つのレーザーが合体し、出力80キロワットの一本のレーザービームとなる。オーバーレイ・システムは汎用性を持っており、何本のレーザーでも束ねることが出来、それに応じて殺傷能力を高められる。各レーザーのレンズは霧、雨、水滴による光の散乱を防ぐ特殊コーティングで保護されている。

CIA本部 - Sputnik 日本
ドイツのマスコミ:CIA代表団がモスクワを極秘訪問
船への搭載が念頭に置かれた設計になっている。実証試験では500mの距離でドローンを撃墜できた。開発者によると、このレーザー兵器は、弾薬を炸裂させ、砲弾を空中で爆発させ、センサーによる検知を無効化し、さらには小型船舶の船体に穴を開けることが出来る。

ちなみに、1964年以降、ロシアの武器製造会社も、レーザー兵器の開発を活発に行っている。現在のところ最も有望なのは軍用輸送機IL-76MDをもとに作られた「空飛ぶ実験室」で、これはレーザー兵器「A-60」を搭載している。

実証試験では、「A-60」は上空1500キロを飛行する標的にレーザーを命中させた。同兵器は宇宙空間の標的のほか、低高度を飛ぶ航空機や弾道ミサイルを破壊できる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала