登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国の大学で再び銃乱射事件 10人死亡

© REUTERS / Michael Sullivan/The News-ReviewЖертва стрельбы в колледже города Розберг штата Орегон, США
Жертва стрельбы в колледже города Розберг штата Орегон, США - Sputnik 日本
フォローする
1日午前、米オレゴン州ローズバーグの大学「アンプクワ・コミュニティー・カレッジ」で銃乱射事件があり、10人が死亡、7人が負傷した。新聞「The New York Times」の報道によれば、犯人は、26歳の現地の住人で、警官隊との銃撃戦の際、死亡した。

治安機関の消息筋によれば、容疑者はクリス・ハーパー・マーサー(Chris Harper Mercer)で、手元の情報では、現場でピストル3丁、ライフル銃1丁が発見された。マスコミ報道では、マーサー容疑者は、インターネット上で乱射計画を示唆し「これが唯一自分がニュースの主人公になれるチャンスなのだ」と述べている。

世界の銃乱射事件の31%が米国で起きている - Sputnik 日本
世界の銃乱射事件の31%が米国で起きている

オバマ大統領は、オレゴン州での今回の犯罪を受けて、メッセージを発表し、議会に対し強い調子で、銃規制に関する法律を強化するよう求めた。なお大統領のイニシアチブで前回提出された銃規制法案は、議会で斥けられている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала