登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

駐露シリア大使「米国主導の有志連合の空爆はシリアのインフラ破壊をもたらした」

© Sputnik / Maksim Blinov / フォトバンクに移行Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Syrian Arab Republic to the Russian Federation Riyad Mohammad Haddad talks with journalists at the Embassy of Syria
Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Syrian Arab Republic to the Russian Federation Riyad Mohammad Haddad talks with journalists at the Embassy of Syria - Sputnik 日本
フォローする
モスクワ駐在シリア大使リヤド・ハッダド氏によれば「IS(イスラム国)」との戦いおいて組織された、米国主導の国際有志連合の空爆は、シリアのインフラや文化遺産の破壊もたらしたと述べた。

TV「ロシア24」に出演したハッダド駐ロシア大使は、ロシアの空爆開始に対する非難に答えた中で、次のように指摘した―

「有志連合を作った米国のやっていることを見て頂きたい。彼らは、シリア軍といかなる連携もせず行動し、状況も分からないまま空爆してきた。その結果、シリア北部では、石油ガス関連施設が破壊された他、インフラ施設、いくつかの文化遺跡も破壊されてしまった。一般市民も、米国による空爆に苦しんでいるのだ。

その一方で、ロシア軍が行っている空爆は『IS』の陣地に対する選択的なピンポイント攻撃であり、我々は、テロリストがいる場所の正確な座標、及びデータを彼らに渡している。

ロシアの軍事的プレゼンスは、国際法に従ったもので、テロリストと戦うため必要不可欠なものだ。現在これは、優先的問題だ。

ジャングルの掟に従いたい者は、傍観者として残るべきだ。正義の復活を望み、主権と平和、安全のために戦いたいと思う者は、ロシアを支援し、テロリズムという悪に対抗すべきである。」

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала