福島、事故から4年の姿

福島第1原発は事故から4年たち、地震と津波の被害を受けた原発施設も一部は修復されつつある。だが原発から12マイル圏の放射線レベルは依然として人体に危険な状態のままだ。

福島第1原発は事故から4年たち、地震と津波の被害を受けた原発施設も一部は修復されつつある。だが原発から12マイル圏の放射線レベルは依然として人体に危険な状態のままだ。

原発事故の直後、付近住民16万人以上が避難させられた。そのうち12万人が未だに自宅に帰ることができない。

写真家のアルカディウシュ・ポドニエシンスキ氏は立ち入り禁止区に入り、撮影を行った。それをここにご紹介したい。

「私の目的は閉ざされたゾーンの本当の状況を伝えることだった。双葉町、浪江町、富岡町はゴーストタウンだ。ここを支配する空虚は見るものを戦慄させ、数十万人を襲った悲劇を語っている。」

© 写真 : Arkadiusz Podniesinski/REX放置されたままの自動車、草が生い茂るまま。
福島、事故から4年の姿 - Sputnik 日本
1/10
放置されたままの自動車、草が生い茂るまま。
© 写真 : Arkadiusz Podniesinski/REX昔ここに本当に道路があったのだろうか。それとも草はらだったのだろうか。
福島、事故から4年の姿 - Sputnik 日本
2/10
昔ここに本当に道路があったのだろうか。それとも草はらだったのだろうか。
© 写真 : Arkadiusz Podniesinski/REXスポーツ施設は床が抜けた。
福島、事故から4年の姿 - Sputnik 日本
3/10
スポーツ施設は床が抜けた。
© 写真 : Arkadiusz Podniesinski/REXテレビの墓場。
福島、事故から4年の姿 - Sputnik 日本
4/10
テレビの墓場。
© 写真 : Arkadiusz Podniesinski/REXレストラン、お客を待っている。
福島、事故から4年の姿 - Sputnik 日本
5/10
レストラン、お客を待っている。
© 写真 : Arkadiusz Podniesinski/REX自然の力は人類の文明より強い。
福島、事故から4年の姿 - Sputnik 日本
6/10
自然の力は人類の文明より強い。
© 写真 : Arkadiusz Podniesinski/REXセンサーは頑として放射能の存在を示し続ける。
福島、事故から4年の姿 - Sputnik 日本
7/10
センサーは頑として放射能の存在を示し続ける。
© 写真 : Arkadiusz Podniesinski/REX店内では床に散乱した商品が埃にまみれている。もう買う人はいない。
福島、事故から4年の姿 - Sputnik 日本
8/10
店内では床に散乱した商品が埃にまみれている。もう買う人はいない。
© 写真 : Arkadiusz Podniesinski/REXオートバイ、乗っていた人はいずこ。
福島、事故から4年の姿 - Sputnik 日本
9/10
オートバイ、乗っていた人はいずこ。
© 写真 : Arkadiusz Podniesinski/REXここには命が生まれようとしている。農場主はここに戻り、牛を飼うことを決めた。2011年の出来事を思い出させているのは地震が地面に残した傷だけ。
福島、事故から4年の姿 - Sputnik 日本
10/10
ここには命が生まれようとしている。農場主はここに戻り、牛を飼うことを決めた。2011年の出来事を思い出させているのは地震が地面に残した傷だけ。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала