NASA長官、火星への飛行士派遣は間近に

© 写真 : NASA/JPL-Caltech/University of Arizona 火星
火星 - Sputnik 日本
米国のNASAは今週、3段階に分かれる新たな火星調査プログラムを発表した。この結果、2030年代半ばには宇宙飛行士の火星着陸が実現する計画。インターネットサイト「スペース・コム」が報じた。

NASA、火星に液体の水を確認 - Sputnik 日本
NASA、火星に液体の水を確認
NASA広報部がボールデンNASA長官の発言を引用して伝えたところによると、「現在NASAは、我々の史上かつてなかったほど、火星への宇宙飛行士派遣ないし、それへの着陸に近い段階にある。我々の将来の火星への飛行について、この課題の解決にどのように全力を集中させているかについて、追加的なデーターを明かそう。近日中に私はこの計画について米議会と我々の外国のパートナーらと討議する構えだ。」

このプログラムは3段階構成で最初は「地球に依拠」、次に「実験的な試射場」、そして最後の段階が「地球からの独立」。第1段階はすでに国際宇宙ステーション内で実現されつつあり、天文学者、宇宙飛行士が火星旅行に欠かせない宇宙での長期滞在生活システムを開発している。

火星で雪が降る - Sputnik 日本
火星で雪が降る
第2段階の実現はこれからの10年間で行われ、NASAは宇宙船「オリオン」の開発を終了する。「オリオン」に乗って宇宙飛行士らは再度月へと向かい、月の軌道上で特殊モジュールの中で数週間ないしは数ヶ月の滞在を行う。

2020年代後半から2030年代初めにかけて、NASAは国際的なパートナーと協力し、火星着陸への準備に着手する。これにはプログラムの第1、第2段階のみならず、現在、そしてこれから先にも火星探査機「キュリオシティ」、「火星2020」、軌道ゾンデが採集している情報も助けとなる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала