登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシアとサウジの学者「歌う地震」の謎を解明

フォローする
ノヴォシビルスクとサウジアラビアの地震学者達が、エジプトの所謂「歌う地震」の謎を解明した。

Обледеневшая равнина на поверхности Плутона снятая автоматической межпланетной станцией NASA New Horizons - Sputnik 日本
NASAは明日、世界を驚かせるニュースを発表する。それは太陽系システムの概念を変える
ノヴォシビルスク大学と、サウジアラビア王立大学の合同研究グループは、紅海に面したエジプトのアブ・ダバブ州で起こる不思議な現象、地面の振動に伴って地下から謎めいた響きが聞こえる原因を明らかにした。

それによれば、アブ・ダバブ州の地下には、紅海にまで伸びる断層があり、そこには絶えず水が流れ込んでいる。そして断層の上を、厚さ5キロもの一枚岩の「屋根」が覆っている。この「屋根」は、何億年も前に起きた噴火で生まれた火成岩でできている。水は、一種の潤滑剤のような役割をするので、断層が動いても、それを覆う一枚岩の「屋根」は壊れない。この「屋根」が大変固い岩でできているため、その内部では、地震信号の減衰が生じる。そして、この堅い「屋根」が、地震の響きを地上に伝える際、人間の耳には、不思議なうなり声、時に歌のように聞こえる、というのが「歌う地震」の真相だった。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала