登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ユネスコ拠出金の停止を日本が検討

© Sputnik / RIA Novosti / フォトバンクに移行ユネスコ拠出金の停止を日本が検討
ユネスコ拠出金の停止を日本が検討 - Sputnik 日本
フォローする
日本は、ユネスコが世界記憶遺産に中国の提出した「南京際虐殺(1937年)についての文書」を一方的に登録したことを受け、ユネスコへの拠出金の支払停止の可能性を明らかにした。

減を含め検討している」と答えた。

これより前、日本外務省は中国が提出した文書が日本政権の反対にもかかわらず世界記憶遺産に登録されたことについて、大いに遺憾とする声明を表していた。日本政府は、文書は「一方的」な評価に基づいており、信憑性と真偽に疑いを抱いていると明言していた。

ユネスコは次世代に引き継がれる世界文化遺産、世界記憶遺産の登録を定期的に刷新している。こうした中で様々な国の歴史評価をめぐり、論争が発生することも多々あるものの、こうした論争はこれまで双方の交渉の中で相互に受け入れ可能な形で解決されてきた。

2015年夏、日本は世界文化遺産に登録された長崎県端島(軍艦島の異名で知られる)で強制労働に連行された朝鮮人らが働かされた事実を公式的に認めざるを得なくなっている。このことにより、日本政府は朝鮮人強制労働の事実を認めるよう強要した韓国との論争解決にはこぎつけたものの、中国との間では日本の中国占領についての論争は未だに続いている。

1937年の南京大虐殺は日本の中国占領における最も悲惨な出来事とされている。中国側の資料では、南京では40日間に日本の軍部によって30万人の市民が殺害された。その殺害方法は陰惨を極め、何千人もの女性が強姦されたのち、殺害されている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала