航空会社 ロシア機墜落後、シナイ半島上空の飛行を回避

© Flickr / Stuart Rankin航空会社 ロシア機墜落後、シナイ半島上空の飛行を回避
航空会社 ロシア機墜落後、シナイ半島上空の飛行を回避 - Sputnik 日本
ロシアのツアーオペレーター「TEZツアー」のチャーター便の運航を行っている航空会社「アイフライ」は、「コガルィムアヴィア」社の旅客機がエジプトに墜落し、224人が死亡したことを受け、シナイ半島上空を通過する飛行ルートを変更する決定を下した。

航空会社「フライドバイ」、「エールフランス」、「ルフトハンザ」、「エア・アラビア」、「エミレーツ航空」は、ロシアの旅客機が墜落した後、すでにシナイ半島上空の飛行を避けると発表した。

3日、ロシア・ツアーオペレーター協会は、「『ウラル航空』、『オレンブルク航空』、『ノルドウィンド』、『アイフライ(「TEZツアー」のチャーター便パートナー)』、そして『コガルィムアヴィア』が、飛行ルートの変更を伝えた」と発表した。

ロシア・ツアーオペレーター協会は、専門家らの見解によると、従来の飛行ルートに戻るのは、事故原因が公式発表された後になる見込みだと指摘している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала