登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

モスクワのナマケグマ、人間操作が大好き

フォローする
モスクワ動物園にいるナマケグマが決しておなかがすいているわけでもないのに来園者に餌をしつこくねだるのは、人間を操作したいがためだった。同動物園がサイトに発表した2014年のレポートで明らかにされた。

パンダ語で「おなかがすいた」は「ジ、ジ」 - Sputnik 日本
パンダ語で「おなかがすいた」は「ジ、ジ」
「ナマケグマのつがいの行動を観察したところ、来園者に餌をしつこくねだる行為は追加の餌を得る手段ではなく、人間の行動を操作するための手段ではないかというこれまでの説が立証された。」

動物学者らによれば、人間の行動をこのように操作することで動物は周りの環境をコントロールしていると感じることができ、著しく気分が高揚するという。

ナマケグマはインド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュ、ネパール、ブータンに生息している。おかしな名前はその顔つきからきたもの。ナマケグマはアリやシロアリを食する。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала