山口組系会長殺害―ヤクザの抗争の始まりか?

15日、三重県で日本最大の指定暴力団「山口組」の2次団体「愛桜会(あいおうかい)」の菱田達之会長が遺体で見つかった。頭部には殴られた跡があったという。毎日新聞が報じた。

ヤクザ、抗争勃発の懸念からハロウィーンを中止 - Sputnik 日本
ヤクザ、抗争勃発の懸念からハロウィーンを中止
毎日新聞によると、菱田会長は三重県にある別宅で、遺体で見つかった。遺体の両手と両脚は縛られていたという。警察は殺人事件として捜査している。

8月、山口組は分裂し、傘下にいた約半分の団体が、新組織として神戸山口組を結成した。警察は、山口組と神戸山口組の抗争を危惧している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала