米空軍、上下逆さまに飛んだパイロットのせいで1億1500万ドルの飛行機を台無しに

米空軍は納税者の1億1500万ドルで製造した新型機AC-130J Ghostriderが4月のテスト飛行の際に起きた操縦ミスでこれ以上の使用に耐えなくなったことを公式に認めた。

CNNの報道によれば、メキシコ湾上を訓練飛行中、パイロットがスリップ飛行と呼ばれる操作を試した。航空機が一時的に空気抵抗の真っ向からの直撃を避け、一部が側面部にあたるようにする飛行法である。そのためには航空機が乗員に制御可能な傾斜角を保って航行しなければならない。

米軍の空爆でイラクの一般市民4人が死亡 - Sputnik 日本
米軍の空爆でイラクの一般市民4人が死亡
しかしAC-130Jのケースでは、短い間だが機体が制御不能に陥った。傾斜が大きすぎ、機体が上下逆さまになった。その状態で同機は高度を1.5㎞も落とした。最終的にパイロットが制御可能な角度を回復し、最寄りの飛行場に着陸した。負傷者は出なかった。

しかし、のちに明らかになったところでは、過負荷のため、機体の胴体が変形を起こし、もはや飛行は不可能になっていた。専門家らによれば、責任はパイロットにある。パイロットは操縦桿の圧力を前に気張りすぎ、航空機の横転後もとっさに立て直すことができなかった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала