登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

韓国大統領 テロリズム対策法の採択を求める

© AP Photo / Lee Jae-won韓国大統領 テロリズム対策法の採択を求める
韓国大統領 テロリズム対策法の採択を求める - Sputnik 日本
フォローする
火曜日、韓国のパク・クネ(朴 槿惠)大統領は、パリでの連続テロ事件を受けて、テロリズム対策法の採択を求めた。

ヨンハップ通信の報道によれば、韓国当局は、国際的なテロ事件に関与する恐れがあるとして、数年間で48人の外国人を国外退去処分にした。また最近では、国際テロ組織「アルカイダ」に関係している疑いで、偽造パスポートを所持していたインドネシア人が逮捕された。

パク大統領 - Sputnik 日本
韓国大統領、11月23日は軍部隊に完全戦闘態勢を呼びかけ
ヨンハップ通信は、閣議でのパク大統領の次のような発言を引用し、伝えている―

「人々の生活を守るためにあらゆることをするよう望んでいる。今は、すでに14年間もそのままとなっている(宙ぶらりんの状態にある)テロリズムに関する数々の法案を採択しなくてはならない。」

このように強調したパク大統領は特に「不法なデモは許さない」と言明し「暴力的な抗議行動を根絶」するため厳しい措置を講ずるよう命じた。パク大統領の言葉によれば、テロリズムは「不法なデモの際に抗議行動に影響を与え、韓国民に脅威をもたらす恐れがある」との事だ。

今月すでに、首都ソウルの中心部では、パク政権に対する抗議行動が起こり、その際、警察の特務部隊のバス9台が破壊されるなどデモ隊が暴徒化したため、警察側は、騒乱を鎮静化するために放水車を使用している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала