登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本の農業人口 5年間でさらに減少・高齢化

フォローする
「日本は、農村人口の老齢化と減少を抑える事が出来ず、農業に従事する日本人の平均年齢は、67歳を超えた。」金曜日発表された政府の報告書の中では、そう述べられている。

農林水産省は、5年ごとにそうした報告書を作成しているが、今年2月1日の時点で、日本の農業地域は、さらに荒廃が進んだ。

例えば、全国の農村世帯数は、14,8%減少し215万3千世帯となった。そのうち、自分達の作物を売っている販売農家は132万7千世帯だが、自給的農家は82万6千世帯存在する。

2010年の報告に比べると、それぞれ18,7%、7,9%減っている。

また農業企業の数も18,1%減少、特に林業企業は38,1%も減った。

 

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала