登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

研究者ら、米国の核廃棄物の塩の石化処理は安全ではない

フォローする
米テキサス州大学の化学者らは核廃棄物を塩の結晶岩に閉じ込める方法は安全ではないという帰結に達した。塩で核のゴミを包み込む方法では、それが変形した際に機密性が失われる危険性が高いことが理由。雑誌「サイエンス」にこの学説が掲載された。

学説を発表したテキサス大学のマーシャ・プロダノヴィチ氏は「これが何を示すかというと、塩によって殻を作ってもそれは以前我々が考えていたように破損されないことはないということだ。このことを場所を特定し、廃棄物を閉じ込める際に考慮する必要がある。今ある核廃棄物の保管施設を我々がわり出した基準を使って、すべて調べねばならない」と語っている。

プロダノヴィチ氏ひきいる研究グループは岩塩の結晶が地中の異なる深さに埋められることで、その構造が様々な温度圧力の条件でどう変化するかを調べた結果、上記のような結論に達した。

この研究、計測結果が正しいとなると、小さな圧力がかかった程度でも核廃棄物の入れられた岩塩にはミクロ単位のひびが網状にはいり、環境への放射性同位体が環境へもれ始める。このため学説発表者らは既に埋められた岩塩を入念に検査し、より信頼性のおける保管方法を開発するよう助言している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала