登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

トルコ空軍、Su-24の一件後「DAESH(IS)」攻撃を停止

フォローする
トルコ空軍はシリア上空でロシアの爆撃機Su-24が撃墜され、ロシアが対抗してシリアに地対空ミサイルS-400「トリウンフ」を設置した11月24日以降、ダーイシュ(イスラム国、IS、ロシアで活動が禁止されている組織)への攻撃を一度も行っていない。

ラヴロフ露外相 - Sputnik 日本
ラヴロフ外相「トルコ側から何も新しい事は聞けず」
ロイターが米国率いる有志連合内の情報として伝えたところでは、これはロシアとトルコの間の紛争を激化させないためだという。

トルコは物流確保や諜報、基地供与など、作戦の半分には参加しているという。

先に米国はトルコに対し、「DAESH(IS)」が石油や武器、戦闘員の確保に使っているシリアとの国境に対する管理を強化するよう要求していた。

24日、ロシア機スホイ24が、シリアで墜落した。ロシアのプーチン大統領は、ロシア機について、シリア上空でトルコのF-16戦闘機の「空対空」型ミサイルによって撃墜され、トルコとの国境から4キロのシリアで墜落したと発表した。プーチン大統領は、テロリストの共犯者たちによる「裏切り行為だ」と指摘した。

ロシア国防省の声明によると、パイロット1人は脱出して降りる最中に地上から攻撃されて死亡、またパイロットの救助作業を行っていたヘリコプター「ミル8」も攻撃され、作業に参加してした海兵隊員1人が死亡した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала