登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

なぜ韓国の会社員は棺桶に入れられるのか?

© 写真 : ВВСなぜ韓国の会社員は棺桶に入れられるのか?
なぜ韓国の会社員は棺桶に入れられるのか? - Sputnik 日本
フォローする
韓国は世界で最も自殺率が高い。韓国では、ストレスやうつ病を訴える会社員が多い。企業は命の尊さを理解させるために、社員に自分が死んだ設定で行う偽葬儀へ出席することを提案している。BBCが伝えている。

韓国の最先端のオフィスでは、人材派遣会社の職員たちが自分の葬儀の予行練習をしている。白装束を着た社員たちは、自分の家族に遺書を書き、その後、クライマックスに入る。社員たちは立があって棺の隣に立ち、棺に横たわる。社員たちは自分の遺影を持っている。

なお自分の偽葬儀は、実際に効果を発揮しているようだ。自分の葬儀の予行練習を行ったチョ・ユンテさんは、棺から出た後、「偽葬儀の後、私は生活を新たに始めるべきだということが分かりました。たくさんの間違いをおかしていたことが分かりました。自分の仕事を愛し、家族と一緒にもっとたくさんの時間を過ごしたいと思います」。

社長のパク・チュンウォンさんは、他の「儀式」にも参加するよう呼びかけている。その儀式とは、毎朝職員が行っている体操だ。パクさんの会社では、職員たちが一緒に体操をし、体操の終わりには、みんなで一斉に大声で笑うのだという。ロバの鳴き声のように大きな笑い声が響き渡る。一見異常な光景だ。朝の体操に参加する女性職員は、次のように語っている‐

「はじめは皆で一緒に笑うことはばかげた行為のように思われ、なんのために必要なのか分かりませんでした。でも自分も一緒に笑い始めてみると、同僚の顔から目が離せなくなり、心から笑い始めるようになるんです。これらはポジティブな影響力を持っているように思います。生活の中では心から笑える機会が少ないので、みんなで一緒に笑えるこのような方法は、実際に助けになっています」。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала