登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国の学者達:双子誕生の異常な増大の理由を説明

フォローする
米国アメリカン大学の専門家グループは、なぜここ数年、世界中でこれほど多くの数の双子が誕生したのか、その理解を助ける一連の研究と実験を行った。また統計によれば、毎年、双子誕生の確率が増えているという。

学者達は「1980年には、1000人の母親のうち双子を出産したのは19人に過ぎなかったが、2014年のデータでは、その割合が34例に増加した」と伝え、そうした現実に直面し、この現象の研究開始を決めたと述べている。

学者達の説明では、まずこれは、受胎を促す医薬品を用いる家族が増えた事に関係している、との事だ。また学者らは、双子誕生の増加を、体外受精(IVF)を含む人工授精とも結びつけて考えている。この事は多くの点で特に、年齢的に円熟期に入った女性が子供を生もうとした場合に当てはまる。

研究者の統計は、2011年以後、双子のうち約36%が、体外受精の助けを受けて誕生した事を示している。現在、医療専門家らは、一度に二つの胚のみを移植する事を勧めている。そうした場合、三つ子の誕生を減らす事ができるという。

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала