登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

IMF専務理事、来年を「落胆すべきもの」と予想

© REUTERS / Francois Lenoir国際通貨基金(IMF) のラガルド専務理事
国際通貨基金(IMF) のラガルド専務理事 - Sputnik 日本
フォローする
IMFのラガルド専務理事が来年の経済予測を発表した。専務理事は、来年は「落胆すべき、むらのある」一年となる、と予測した。ハンデルスブラットの報道をロイターが伝えた。

来年は主に2つのネガティブなトレンドがある、とラガルド氏。まずは連邦準備制度(米中銀)の段階的利上げ。そして中国経済の停滞である。

ASEAN諸国はドルの代わりに人民元を決済通貨とするか? - Sputnik 日本
人民元、下落で一年を終わる
「これらは、来年の世界的成長が落胆すべきものに、またむらのあるものになることを意味している」。

世界経済鈍化の追加的要因は、原油等の価格低下、特に、世界の多くの経済主体が依存している石油の価格下落である。加えて、金融部門がいまだに脆弱な国が多く、途上国市場に金融リスクが高まっていることが上げられる。

ラガルド氏によれば、米中銀の金利引き上げは、途上国の金融システムを困難にするばかりだ。融資の価格は上昇する。全体として、金融市場はかつてより米中銀の利率引上げへの準備がよくできてはいるが、打撃を耐え切る能力には確信が持てない、とラガルド専務理事。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала