倹約家になったロシア人-新年のプレゼントを安上がりにすませる

© Sputnik / Alexandr Kryazhev倹約家になったロシア人-新年のプレゼントを安上がりにすませる
倹約家になったロシア人-新年のプレゼントを安上がりにすませる - Sputnik 日本
2014年の年末、ルーブルの暴落により、ロシアでは店舗の棚から商品が事実上なくなってしまった。しかし今年2015年の年末、ロシア人は買い物を控え、さらにより安い商品を購入している。小売業者たちが、ロシア紙RBKに語った。

小売業者たちによると、2014年12月の売上高は記録的なものだった。特に家電、電子機器、家具などの売れ行きが好調で、平日の一晩で週末の売り上げを獲得できたという。RBKが報じた。

今から1年前の2014年の年末、家具販売店「イケア」や家電などの販売店「エム・ビデオ」の夜の行列や、ほとんど空っぽになってしまった商品棚の写真は、ソーシャル・ネットワーキング・サービスで特に人気となった。

しかし今年2015年の年末は、良くて「静か」、悪くて「閑古鳥が鳴く」と予想され、実際に購買意欲は低下した。

RBKの世論調査に回答した小売業者たちは、ロシア人の購買意欲が低下したことを認めた。主な原因は、企業の代表者たちが今の状況を危機と呼び、人々に経済について考えさせたことや、商品価格の全体的な値上がり、また買い物に対する合理的なアプローチの結果、安価な商品を買うケースが増えたことなどが挙げられている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала