登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

サウジアラビアがイランと外交断絶

© Fotolia / Borna Mirahmadianサウジアラビアがイランと外交断絶
サウジアラビアがイランと外交断絶 - Sputnik 日本
フォローする
サウジアラビアは3日深夜、地域の最大のライバル国であるイランとの外交関係の断絶を宣言。サウジアラビアのアデリ・アリ・ジュベイル外相は次のような声明を表した。

「サウジアラビアはイランとの外交関係を断絶し、イラン人外交官が48時間以内に出国することを要請する。」

「我々はイランが我々の安全および安定に脅威を与え、我々の国ないし連合諸国の領域にテロの温床を作ることを許さない。我々は外交関係を断絶することが我々にとって最良であると決定した。なぜならばイランはテロの拡散を促し続けているからだ。」

外交断絶の原因と前提条件

2日、サウジアラビアは急進主義グループに関与し、テロを実行したとして多数の死刑を執行した。死刑が執行されたのは47人。大多数が国際テロ組織「アルカイダ」(ロシアで活動が禁止)と関与しており、2003年から2006年にかけてサウジアラビア領内で発生した襲撃の実行犯。ところが最大の反響を呼んだのはシーア派の有名な指導者であったニムル師の死刑だった。ニムル師は2012年7月、大規模抗議行動を扇動した罪で逮捕されていた。イランはニムル師の死刑に対し、迅速に反応した。2日、イラン外務省のホセイン・ジャベル・アンサリ報道官は声明を表し、「サウジアラビアが支持するテロリストが平穏と安全を壊し、この地域に暮らす市民に脅威を与えている間に、サウジアラビア政権はアン=ニムル師のようなシャイフ(イスラム教の知識人)を自国の政敵として処刑している」と抗議した。これに対しサウジアラビア外務省はイラン大使を呼び出し、抗議の通牒を渡している。

処刑のニュースはイラン社会に大きな不満の波を呼び、テヘランにあるサウジアラビア大使館、メシェヘドの総領事館周辺では大規模なデモ、襲撃が展開されたため、イラン政府は沈静化を余儀なくされた。

イランの反応

イランはサウジアラビアが外交断絶を宣言したことに対し、「サウジアラビアはシーア派の神学者の死刑という戦略的な誤算を単に深刻化させていると警告し、イラン外務省中東アフリカ問題担当ホセイン・アミル・アブドラヒア次官は「サウジアラビアはイランとの外交関係断絶の決定を宣言することでは、宗教活動家を死刑に処して犯した大きな間違いを隠すことはできない。」という声明を表した。アブドラヒア外務次官はさらに、サウジアラビアの行為は「この地域の安全の脅威を一層深刻化させ、テロや急進主義の一層の拡大を招く」と警告している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала