サウジアラビアとイランの対立が石油価格の高騰を引き起こす

© AFP 2022 / Ali Al-Saadiサウジアラビアとイランの対立が石油価格の高騰を引き起こす
サウジアラビアとイランの対立が石油価格の高騰を引き起こす - Sputnik 日本
石油価格がリヤドとテヘランとの現行の対立を背景に世界的に高騰しているとウォールストリートジャーナルが報じている。

石油価格が休日に起こったサウジアラビアとイランの政治的緊張の高まりのため週明けに3%以上も跳ね上がったこと、また石油の供給が滞る可能性について伝えられた。

ニューヨーク・マーカンダイル取引所における原油価格は1バレル当たり38,32ドルまで上がった。ロンドン国際石油取引所における2月のブレント原油先物取引価格は12月3日夕刻に38,50ドルに達した。

野村ホールディングス資源市場研究所所長のゴールドン・クバン氏は近い将来、高まる緊張が石油価格を押し上げるだろうが、市場は需要と供給の現実的な均衡の復活を望んでいると考える。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала