イギリス人の男性が800人の子供の父親に、目標は1000人

およそ週に1人のペースで、ロンドン在住の41歳の精子ドナーは子供をもうけている。彼の計算では、16年間のドナー活動の間にもうけた子供の数は800人に上るというが、彼はこの数字を1000人まで伸ばそうと考えている。サイモン・ワトソン氏が自身の取り組みについてBBCのインタビューで語った。

レオナルド・ディカプリオ氏 - Sputnik 日本
あのデカプリの口から、セクシ~なロシア訛り!
「2014年に12カ国の人たちの手助けをしました。私にはスペインから台湾まで世界中の多くの国に子供がいます。私は世界記録を打ち立てたいのです。誰もその記録を破れないと確信できるような。とにかくなりえる限りたくさんの子供の父親になりたいのです」と彼は言う。

彼の活動が大きな議論を巻き起こした。国民保険サービススの厳しい審査のために人工授精ができる女性は極わずかしかいないからだ。ワトソン氏は精子の提供を総額50ポンドで行っている。顧客の多くは「フェイスブック」を通して探した人だ。三か月ごとに彼は検査を受けその結果をインターネット上に公開している。

ワトソン氏を批判する者は彼の活動が法に触れるものではないにもかかわらず、このようなサービスを利用する女性は自分を遺伝性の病気にかかるリスクにさらしていると批判する。

彼自身の三人の子供はこのことを知っており、誰も反対せず、友達は面白いと考えているという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала