ロシアの学者グループ:人類の北極圏定住時期を特定

サンクトペテルブルクにあるロシア科学アカデミー物質文化研究所のウラジーミル・ピトゥリコ博士率いる学者グループは、4万5千年前、人類はすでに北極地方に定住していたとの結論に達した。グループは、自分達の研究結果を雑誌「サイエンス」に発表した。サイエンス・ニュースが伝えた。

北極 - Sputnik 日本
北極が解け始める
論文の中で学者らは、エニセイ川河口のソポチナヤ岬で見つかったマンモス(愛称ジェーニャ)の骨を詳しく調査した結果を公表したが、肩甲骨、肋骨及び頬骨に、人間の手が加えられた痕跡を発見した。又ヤナ川の発掘現場で、研究者らは、人間が作った道具によりできた穴のある狼の骨が見つかった。

これれのマンモスや狼は、今から4万5千年前に生きていたと推定される。サンクトペテルブルグの学者グループが発表する以前には、人類が北極地方に定住し始めたのは、3万年前以降と考えられていたが、今回の研究により、定住開始時期が1万5千年も早くなった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала