ロシア市民の約70パーセント 軍事紛争を恐れる

© Flickr / sergio_leenenロシア市民の約70パーセント 軍事紛争を恐れる
ロシア市民の約70パーセント 軍事紛争を恐れる - Sputnik 日本
全ロシア世論調査センターが実施した世論調査の結果、ロシア市民が最も懸念しているのは、国際緊張と国際紛争であることが分かった。同センターがサイトで発表した。

世論調査では、ロシア市民の70パーセントが、国家間の紛争および軍事行動を現実的な脅威として捉えており、回答者の4分の1が、それらは自分に関係ないと考えていることが分かった。

社会学者たちは、大多数の指標を見た場合、2015年末のロシア市民の機運に大きな変化はなかったと指摘している。回答者の59パーセントが、商品価格の値上がりや貯蓄価値の低下を心配しており、回答者の43パーセントが、健康上の問題が起こったり、医療支援を受けるのが難しくなることを懸念している。また回答者の42パーセントが、国内で混乱が発生したり、犯罪が横行する可能性を懸念している。またロシア市民は、収入の減少、自然災害、失業、家庭紛争なども心配している。

全ロシア世論調査センターの世論調査は、12月26-27日にロシアの46地域で1600人を対象に実施された。標本誤差は3.5パーセント未満。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала