靖国神社爆発音事件 韓国人の男再逮捕

© AFP 2022 / YOSHIKAZU TSUNO靖国
靖国 - Sputnik 日本
2015年11月に靖国神社で爆発音がして不審物が見つかった事件で、警視庁は火薬類取締法違反の疑いで韓国人の男を再逮捕した。共同通信が伝えた。

靖国 - Sputnik 日本
靖国神社における爆発、容疑者のものと見られる写真が手に入る
共同通信が捜査関係者の話として伝えたところによると、靖国神社にA級戦犯が祀られていることに個人的不満を持っていたことが動機となった可能性がある。なお容疑者は、逮捕には抵抗しなかったものの、話したくないとの供述をしているという。

韓国人容疑者については、その年齢と、韓国軍で5年間ほど勤務していたということ以外、詳細は伝えられていない。

11月末、靖国神社のトイレで爆発音がし、天井に穴が開き、壁の一部が焼けた。なお、けが人はいなかた。現場では韓国語で書かれた乾電池などが見つかった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала