「リトヴィネンコ事件」 キャメロン首相:ロシアに対する新たな制限措置の可能性も排除しない

英キャメロン首相は、ロンドンで21日に元FSB(ロシア連邦保安庁)職員アレクサンドル・リトヴィネンコ氏の死亡原因についての所謂公開捜査の結果に関する報告書が発表された後、ロシアに対する「新たな制限措置の可能性も排除しない」と述べた。

リトヴィネンコ死亡事件の報告書、英国が発表、露外務省は「政治化された、極めて不透明な内容」 - Sputnik 日本
リトヴィネンコ死亡事件の報告書、英国が発表、露外務省は「政治化された、極めて不透明な内容」
キャメロン首相は、「もちろん我々は、そのような行動(新たな制限措置導入)の可能性を排除しない」と指摘し、「我々はもう一度、非常に注意深く、そして詳細に報告書の文書を調べるが、すでに述べたように、この文書は、その方向で正しい措置を講じた、前労働党政権・英国政府の以前の見解を再確認している」。

報告書では、リトヴィネンコ氏の死にロシアが関与し、ロシア人のアンドレイ・ルゴヴォイ氏とドミトリー・コフトゥン氏が殺人を実行したと述べられている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала