ロシアと米国 ロシアのアメリカを新たに開発

© Tony Campbellアラスカ
アラスカ - Sputnik 日本
今年ロシアと米国は、ロシアの偉大な航海士で探検家であったヴィトゥス・ヨナセン・ベーリングとアレクセイ・チリコフによりアラスカが発見されてから275年目という記念すべき年を迎えている。この二人の航海士は、アメリカ大陸北部沿岸を探検し、ユーラシアとアメリカが陸続きでないことを突き止めた。

ベーリング海峡によりロシア本土、ロシアのチュコト半島と分離されたアラスカが、ロシア帝国の版図に入っていたのは1741年から1867年の間だった。その後この地は、アレクサンドル2世により720万ドルで米国に売られた。当時この金額は、途方もないものと考えられたが、10年後にアラスカで金が見つかり、実は米国にとって、とんでもないほど安い買い物であったことが分かった。現在アラスカは、面積において米国最大の、そして天然資源が最も豊かな州である。そこには、ロシア語起源の地名が数多く残っており、現在に至るまでロシア語の姓を持つ人達が暮らしている。

1月14日モスクワのソルジェニーツィン記念在外ロシア人会館で、アラスカ発見275周年を記念する夕べ「ロシアのアメリカ、生きた記憶」が催された。モスクワの歴史啓蒙組織「ロシアのアメリカ」協会が主催したこの催しには、アラスカ史におけるロシア時代を研究する専門家、歴史学者らが参加した。

スターウォーズ - Sputnik 日本
「スターウォーズ」次回作の公開が延期
「ロシアのアメリカ」協会は、対ロシア経済制裁導入後悪化してしまったロ米関係強化と維持のために、できるあらゆる事をしている。歴史学者で又旅行家でもあり、英語とロシア語で出版された、ロシア帝国領アラスカの最初の総督についての本「アレクサンドル・バラノフと太平洋帝国」の著者、アラン・エングストローム氏は、ラジオ・スプートニクのインタビューに対し、今の時代におけるロ米の友好について、次のように語ってくれた―

「我々が取り組んでいる事は、まさにロシアと米国の間に友好の橋をかける事だ。私個人としては、ああした制裁に断固反対だが、そもそも我々は、政治とは関係がない。ああしたやり方は誤りだと思う。協会の中で、我々は、文化交流や歴史交流の発展に取り組んでいる。この事はもちろん、ロシアと米国の間の関係改善を促している。」

アラスカの売却と開発の歴史は、今も多くの秘密と謎に包まれている。「ロシアのアメリカ」協会のメンバー達は、そうしたもののいくつかを解明しようと試みている。例えば、今御紹介したエングストローム氏と協会の会長であるウラジーミル・コルィチェフ氏は、2005年から2009年まで一連のアラスカ遠征を行い、1741年チリコフが船長を務めた「聖パーヴェル」号で祖国帰還を果たせなかった15人のロシア人船員の死の謎を明らかにしようと試みた。

遠征隊参加者にとって、ヤコフ島のサージ湾にロシア人船員が立ち寄った後を見つける事が大変重要だ。すでに、二つの帆を持った船を思わせるペトログリフ(岩石に描かれた絵)が見つかっている。一方米国人のクリス・ハワードは、真鍮のボタンを発見したが、それがどこのものか今も特定できていない。しかし入り江のどこかの海底に、複数のボートと一緒に沈んだ大砲や錨、そして銅製のボイラー2つが横たわっていることは確かだ。「ロシアのアメリカ」協会は、調査遠征が今後も続けられるよう期待すると共に、ロシア地理学協会に対し助成金の申請を続けている。

ロシア人航海士によるアラスカ発見から275周年の記念行事の一環として計画されているものの中には、ロシアの航海士達の偉業をテーマにした会議開催の他、モスクワのスハレフスカヤ広場にあるトロイツァ-ヴ-リスタフ寺院の鐘を、アラスカの町シトカ(ロシア領アメリカ総督アレクサンドル・バラノフが露米会社の支援を受けここに到着し、町を組織した。露米会社は当時のツァーリ・パーヴェル1世の認可を受け設立され、ロシア植民地での統治や交易を行っていた)にある教会の鐘と一緒に打ち鳴らすイベントなども含まれる。なおアラスカには全部で90のロシア正教寺院がある。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала