ノルウェーの物理学者 科学のために自身の腹を撃つ

© © Screenshot: NRK Vitenノルウェーの物理学者 科学のために自身の腹を撃つ
ノルウェーの物理学者 科学のために自身の腹を撃つ - Sputnik 日本
ノルウェーの物理学者アンドレアス・ワリ氏は、自分の身体を使って、自然法則を実証しようと決心し、水中で自分の腹部に向け、自動小銃を撃った。その様子は、ノルウェーの公共テレビ・ラジオ局ノルウェー放送協会(NRK)が撮影した。

自動小銃は、ワリ氏から数メートル離れた、プールの底の特別の三脚の上に設置された。彼は、一方の端が銃の引き金につながった紐を引っ張って、自分に向け銃を撃った。

しかしワリ氏には、何事も起こらなかった。なぜなら、プールの水が、空気より密度が高いため、発砲後、弾丸のスピードが、事実上すぐに、急激に落ちたからだ。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала