日本、1945年以来初めて、第二次世界大戦の戦闘機が空へ

© AFP 2022 / Jiji PressПалубный истребитель времен Второй мировой войны Mitsubishi A6M Zero в Японии
Палубный истребитель времен Второй мировой войны Mitsubishi A6M Zero в Японии - Sputnik 日本
日本の第二次世界大戦中の戦闘機、零式艦上戦闘機(零戦)が、終戦以来はじめて、飛行場で試験飛行を行った。AP通信が伝えた。

元米空軍兵のスキップ・ホルム氏がパイロットを務め、鹿児島県鹿屋(かのや)市にある海上自衛隊基地で、短時間の飛行を行った。

所有者である実業家の石塚政秀さんは、若い人やお年寄りに零戦のことを知ってほしい、と話している。

機体は1970年代にパプアニューギニアで見つかり、修復したもの。石塚さんの手に渡る以前には、米国映画「パールハーバー」の撮影や、航空ショーに参加していた。石塚さんは昨年9月に同機を購入、日本に持ち帰った。

零戦は太平洋戦争を代表する戦闘機である。1942年初頭までは連合国軍の戦闘機に性能面で優越していた。1940年から45年までに1万939機が製造され、戦争末期には神風特攻に使われた。今回飛行が行われた鹿屋の飛行場からも出撃を行っている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала