インド人、息子の結婚式に未亡人1万8000人を招く

© REUTERS / Ahmad Masood インド人、息子の結婚式に未亡人1万8000人を招く
インド人、息子の結婚式に未亡人1万8000人を招く - Sputnik 日本
インドのメサーナ市に住むビジネスマン、ジテンドラ・パテル氏は、末っ子の結婚式に未亡人1万8000人を招いた。氏は女性たちに衣服、苗木を配り、稼ぎ手を失った貧しい家族には牛を一頭ずつ与えた。

ジョン・テフト駐露米国大使 - Sputnik 日本
駐ロ米国大使「ロシア産チーズとペリメニが好き」
タイムズ・オブ・インディア紙によれば、これは偏見や迷信への挑戦だという。インドでは、未亡人は不幸をもたらすので、お祝いごとに呼んだり家に招いたりしてはならず、可能な限り忌避すべき、とされている。夫をなくした女性はほとんど拒絶され、残りの人生を通じて喪服を身につけ、髪を伸ばしたり飾りをつけたりすることも禁じられる。

「私は心の底から、未亡人にこそわが子たちを祝福してほしいと思った。祝い事に未亡人がいることは凶兆とされているが、そんなものはただの迷信だ」と新郎の父。

なお、インドでは、未亡人を焼く風習は、19世紀でほぼ根絶されている。しかし、未亡人への偏見は今もインドで根強い。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала