北朝鮮、ノルウェーの資源へのアクセス権を取得

© AFP 2022 / Dominique Faget北朝鮮、シュピッツベルゲンの資源へのアクセス権を取得
北朝鮮、シュピッツベルゲンの資源へのアクセス権を取得 - Sputnik 日本
政府決定により、25日をもって、北朝鮮は1920年に調印されたシュピッツベルゲン条約に加盟する。日曜、現地メディアが報じた。北朝鮮のオンライン誌「ネナラ」によれば、これにより北朝鮮は「シュピッツベルゲン群島における経済および学術調査活動への国際法的保障を手にする」。

コスメ - Sputnik 日本
北朝鮮、ランコムとシャネルに挑戦状
同条約によれば、シュピッツベルゲン群島にはノルウェーの主権が及んでいるが、条約参加国は同群島の天然資源利用および領海利用について対等の権利を付与される。1925年、ノルウェーは、シュピッツベルゲンがノルウェー王国の一部であることを正式に宣言した。

ソ連は1935年に同条約に加盟した。ノルウェー議会は1947年2月15日付決議で、ソ連がノルウェーと並んでシュピッツベルゲンに対して特別な経済的利害関係を持っていることを認めた。

現時点で同条約には50カ国が参加している。ロシア、米国、英国、ドイツ、フランス、日本、オランダ、ブルガリア、ハンガリー、デンマーク、ノルウェー、ポーランド、チェコ、スロバキア、ルーマニア、イタリア、スウェーデンその他である。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала