札幌で毎年恒例の雪まつり開幕

© 写真 : nazmi hamidi札幌で毎年恒例の雪まつり開幕
札幌で毎年恒例の雪まつり開幕 - Sputnik 日本
今日から札幌で、毎年恒例の「雪まつり」が始まる。素晴らしい雪の彫像で世界的に有名な、この北海道の冬のイベントは、18日まで続く。主催者によれば、期間中、200万人以上が札幌を訪れるものと期待されている。「雪まつり」は、今年ですでに67回目を数え、会場には250を超す雪の彫像などが展示されている。

伊勢志摩サミットに向け日本の左翼過激派テロを計画 - Sputnik 日本
伊勢志摩サミットに向け日本の左翼過激派テロを計画
また「雪まつり」期間中、雪や氷で作られた彫像及び彫刻の国際コンクールも開催される。今年主催者側は、これまでの厳しい条件を緩め、参加チームに作品を準備する期間を4日間与える。オーストラリア、インドネシア、中国、ラトビア、ポーランド、シンガポール、米国、タイのチームが、優勝を目指し技を競う予定だ。またハワイや札幌の姉妹都市・韓国の大田(テジョン)からもゲストが参加する。

すでにコンクールに参加する12チームすべてが、自分達のプランを発表した。例えば、オーストラリア・チームは、雪と氷でおとぎ話に出てくる巨大なカエルを作る。またインドネシア・チームは、津波を作り自然の力を表現するほか、ラトビア・チームは「橋」と題する哲学的作品に挑戦する。なお会場では、一般参加者も、雪や氷を使って思い思いの作品作りを楽しめる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала