ロシアは欧州に対し核攻撃する用意はない

© Sputnik / Grigory Sysoevアレクサンドル・グルシコ氏
アレクサンドル・グルシコ氏 - Sputnik 日本
ロシアのNATO常任代表(NATO大使)を務めるアレクサンドル・グルシコ氏は、NATOのストルテンベルグ事務総長が報告書の中で、ロシアの軍事演習「ザーパド(ロシア語で“西”の意味)2013」の目的は、NATO諸国及びスウェーデンに対する核攻撃の仕上げ訓練であった、と述べた事を批判し、この発言について、NATOの必要性をアピールするための攻撃的宣伝キャンペーンの一部だと性格付けた。

ロシアのグルシコNATO大使は、次のように述べた―

ロシア外務省、監視飛行の禁止について:トルコ政府は何かを隠したがっている - Sputnik 日本
ロシア外務省、監視飛行の禁止について:トルコ政府は何かを隠したがっている
「これは、自分達の必要性をアピールし、欧州に『鉄のカーテン』を再び作りだそうとする方針を正当化し、さらに軍事的潜在力の拡大とロシア国境への接近に向けた同盟諸国の努力を根拠づける目的で、NATOが行っている攻撃的プロパガンダ・キャンペーンの一環に過ぎない。

こうした『物言い』は、もう恒例のものとなっており、NATO理事会、あるいはNATO国防担当大臣会合前には、伝統的な事となった。

『ザーパド2013』について言えば、演習はNATOの専門家やオブザーバー立会いのもとに実施され、その目的は反テロ作戦の仕上げに向けられたものだった。

NATO事務総長の発言は、核問題を故意に先鋭化させようとの試みである。ロシアは、戦略攻撃兵器と並んで、非戦略核兵器を4分の3削減したし、それらを国内中央部の保管基地に集中させた。

またロシアには、NATOに対し、いわゆるNATOの『共同核ミッション』(nuclear sharing)の実践に関連して、完全に説得力のある要求がある。NATO自体が、核拡散防止条約の精神と文言に矛盾しているからだ。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала