オランダ ウクライナとEUの連合協定に関する立場見直しか?国民投票実施へ

© AP Photo / Ebrahim Norooziオランダのクーンデルス外相
オランダのクーンデルス外相 - Sputnik 日本
オランダで実施予定のウクライナとEUの連合協定の是非を問う国民投票で、もし国民が反対した場合、オランダ政府は立場の見直しを余儀なくされる。オランダのクーンデルス外相が6日、発表した。

ウクライナとEUの自由貿易協定が発効 ロシアとの貿易における特恵を失う - Sputnik 日本
ウクライナとEUの自由貿易協定が発効 ロシアとの貿易における特恵を失う
外相は、「国民投票に関する法律では、もし結果が『否定的』なものとなった場合、政府は『自分たちの立場を』見直さなければならないと述べられている」と語った。ロイター通信が報じた。

なおクーンデルス外相は、同協定の批准に賛成票を投じる意向だという。

オランダでは、4月6日にウクライナとEUの連合協定の合目的性に関する国民投票が行われる予定。同国民投票は、勧告的性格を有する。国民投票の実施を呼びかけた団体は、必要とされる40万人の署名を集めた。

ウクライナとEUの連合協定は、2014年に調印された。同協定は、EUの全加盟国28国で批准された後、効力を発揮する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала