旅客機の窓にひびが入り、シェレメチヴォ空港に着陸

© Sputnik / Maksim Blinov旅客機の窓にひびが入り、シェレメチヴォ空港に着陸
旅客機の窓にひびが入り、シェレメチヴォ空港に着陸 - Sputnik 日本
モスクワ発カムチャツカ行きの航空機が離陸から4時間後、緊急事態が発生したためウラル上空でモスクワへ引き返した。

操縦室の窓ガラスにひびが入ったという。機長はルートの変更を決め、航空機はモスクワのシェレメチヴォ空港に着陸した。空港では、全ての機動班が動員された。伝えられたところによると、窓ガラスは多層ポリマーでできていたため、操縦室の減圧が回避されたという。

航空機には乗客乗員あわせて240人が乗っていたが、けが人はいなかった。一方で、長時間のフライトにより乗客には疲れたがみられたという。乗客はモスクワに到着後、別の航空機に乗り換え、カムチャツカへ向かった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала