TV「フランス2」、シリアのロシア航空隊の 命中度を認める

© 写真 : ロシア国防省 / フォトバンクに移行ロシア空軍、シリアで140回出動、ダーイシュ(IS)拠点に爆弾1500発あまりを投下
ロシア空軍、シリアで140回出動、ダーイシュ(IS)拠点に爆弾1500発あまりを投下 - Sputnik 日本
仏のTV「フランス2」は、シリアにおける米国、仏、ロシアの空爆の映像を放映し、それぞれの成功率を比較した。

米紙「NYT」 シリアはオバマの恥、そしてプーチンの勝利 - Sputnik 日本
米紙「NYT」 シリアはオバマの恥、そしてプーチンの勝利
「フランス2」は米国主導の国際連合軍およびロシア航空宇宙軍の空爆によって「ダーイシュ(IS,イスラム国)」の陣地は著しく弱体化したと指摘。

 この際に「フランス2」はロシアの航空隊による空爆は米仏の空爆に比べ、はるかに命中度が高いことを認めた。

それでも「フランス2」はロシアを名指しで非難する誘惑には勝てなかったらしい。アナウンサーは西側連合軍の命中率が低いのは一般住民の犠牲を最小限にとどめようとしていることが理由であり、ロシアの爆弾は頻繁に居住区に落下し、一般住民の間に多数の犠牲者を出していると報じた。これと酷似する声明は数日前、トルコを訪問中のメルケル独首相からも出されている。ところが「フランス2」もメルケル首相もロシア人パイロットの腕の低さを証明する証拠は一切引き合いに出していない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала