日本刀マニアの図書館司書 実は殺人狂

フランスの新聞「フィガロ」によれば、若い女性を非常に残忍な方法で殺害した疑いが持たれている人物が、西ヨーロッパに逃げたらしいとの情報が入っている。

警察 - Sputnik 日本
オーストリア警察 イラク難民による10歳の少年への性的暴行事件を隠す
問題の人物は、カエタノ・ポズナンスキ容疑者で、職業は図書館司書だ。欧州全土での彼の指名手配を要請したワルシャワの裁判所の報道官によれば、この男性は、過去に犯罪歴はないが、社会にとって非常に危険だとの事だ。現時点では、彼が何らかの精神病を患っているのかどうかについては、分かっていない。

ポズナンスキ容疑者は、日本のサムライが使う刀のコレクターで、あらゆる事から判断して、彼は、日本刀を使って女性を殺害したと見られている。また彼は、映画「羊たちの沈黙」に登場する連続殺人鬼レクター博士に心酔していたとの事だ。

ポーランドで、ポズナンスキ容疑者の犠牲になったのは、30歳のイタリア語の教師カタルジーナさんで、2月3日、彼の家で個人授業をすることになっていた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала