イラン 原油市場の状況をサウジと話し合う用意あり

© AP Photo / Vahid Salemiイラン 原油市場の状況をサウジと話し合う用意あり
イラン 原油市場の状況をサウジと話し合う用意あり - Sputnik 日本
イランのザンガネ石油相は「国際原油市場の状況について、我々は、サウジアラビアと話し合う用意がある」と述べた。

ザンガネ石油相は、イランのプレスTVの取材に、次のように答えた―

石油プラットホーム - Sputnik 日本
市場の余剰原油が予想以上に強く影響、IEAが2016年の石油需要予測を再度下げる
「我々は、サウジアラビアも含めOPEC諸国との、いかなる形での対話や協力も支持している。

ペルシャ湾岸の一部の国々は、経済的な利益を目指す意向を明らかにし、原油価格の引き下げを支持しているが、そもそも彼らが達成したい事は、経済的利益のためではない。

もし強い政治的意志があれば、原油価格は、たった一週間で安定するだろう。」

2014年の夏の初めから2015年末までに、Bren原油の価格は、1バレル=115ドルから36ドルとほぼ三分の一に暴落している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала