中国人投資家 オペラ・ソフトウェアを12億ドルで買収

© Flickr / andreas中国人投資家 オペラ・ソフトウェアを12億ドルで買収
中国人投資家 オペラ・ソフトウェアを12億ドルで買収 - Sputnik 日本
ノルウェーのソフトウェア開発企業。ウェブブラウザ「Opera」の開発元として知られているオペラ・ソフトウェア(Opera Software)は、中国人投資家達のコンソーシアムが、同企業を12億ドルで買収したいと提案した事を認めた。

もしこの価格での契約がまとまった場合、中国人側は、オペラ・ソフトウェアに対し、買収に関する噂が出る前のこの会社の市場価格よりも53%も高い金額を払う事となる。

オペラ・ソフトウェアのラルス・ボイレセン最高経営責任者は、次のように述べている―「コンソーシアムによるオペラの買収は、この分野の発展や戦略といった観点から見て、極めて理に適ったものだ。コンソーシアムの所有物となれば、ユーザーやパートナーに今よりさらに先進的なイノベーションを提供するチャンスを強化でき、また我々の拡大・発展プランも加速化されるだろう。」

オペラ・ソフトウェアの買収を計画しているコンソーシアムには、国際金融機関コンロン(Kunlun)、中国を代表するアンチウイルスソフトウェアを制作するIT企業チーホー(Qihoo) 360、投資フォンドのGolden Brick 及びYonglian.が含まれている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала