元CIA職員 対ロシア・サイバー作戦参加を認める

米国のウィル・ハード議員は、米マスメディアのインタビューに応じた中で「自分は、サイバー安全保障問題に大変詳しい。なぜなら、以前CIAで働き、いくつかのサイバー攻撃作戦に参加したからだ」と述べた。新聞「ザ・ハンフィントン・ポスト(The Huffington Post,)」によれば、作戦とは、ロシアに対するハッカー攻撃だ、とのことだ。

CIA元エージェント:米国による欧州盗聴はテロ対策の助けとはならない - Sputnik 日本
CIA元エージェント:米国による欧州盗聴はテロ対策の助けとはならない
ハード議員の指摘によれば、米国での大統領選挙前の討論会では、サイバー安全保障や秘密保持の問題が全く話されていない。また彼は「データの暗号化が、2016年の主な国家安全保障問題になる」との考え方を示した。

ハード議員は、次のように述べている-

「私は、情報科学分野の専門教育を受け、学者レベルの知識がある。CIAに勤務していたころ、いくつかのサイバー攻撃作戦に参加した。恐らく、ロシア政府は私を決して、モスクワには招待してくれないだろう。少なくとも近い将来で言えば、それは確実だ。」

このように伝えたハード議員は、その一方で「米国は、サイバー空間で、これ以上攻撃的な行動を始めるべきではない。自国のインフラの保護に、力を集中させるべきだ」と指摘している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала