ロシアは2035年までに世界の主要なエネルギー供給国に

世界最大手の石油ガス企業「BP」は、ロンドンで「2035年までにロシアは、世界で主要なエネルギー供給国の役割を務めるだろう」と予想した。

大手石油取引会社CEO「原油価格は今後10年、低いまま」 - Sputnik 日本
大手石油取引会社CEO「原油価格は今後10年、低いまま」
「BP」の専門家らは。2014年から2035年の時期に、世界のエネルギー需要は34%増大するが、需要の基本は、石油とガスになる」と見ている。

以下「BP」の専門家の予想を、御紹介したい。

「最も速いテンポで伸びるのは、ガスに対する需要だろう。毎年、ガスの消費量は、1,8%増大していくようになる。

一方石油の需要は、ガスの伸びの半分程度のゆっくりしたもので、年0,9%の伸びになる。やはり石油を一番消費する国は、中国だろう。

今後20年の間、最大のエネルギー輸出国になるのは、ロシアである。2035年までに、ロシアは、世界の一次エネルギー需要の4%以上を、世界の化石燃料生産の10%を保証するようになる。

ロシアは、ガスの採掘量を30%増やすだろう。またロシアの原油採掘量は、およそ一昼夜1100万バレルとなる。ロシアは、外国への供給を増大させるほか、国内のエネルギー消費量を急速に拡大するだろう。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала