トルコ 対シリア国境で難民から自爆ベルト及び爆薬15キロを押収

© AFP 2022 / Bulent Kilicシリアからの移民
シリアからの移民 - Sputnik 日本
トルコ治安軍は、シリアとの国境で、爆薬が仕込まれた自爆用ベルトなどを所持していた難民グループを発見、34人を拘束した。

ナイジェリア北部での一連のテロ事件で60人以上が死亡 - Sputnik 日本
ナイジェリア北部での一連のテロ事件で60人以上が死亡
トルコ国境警備隊による取り調べの際、難民らが持っていた2つの袋の中から、12キロから15キロの爆発物、自爆テロ用に使用可能なベルト4本などが見つかった。

トルコの新聞「ヒュリエト・デーリーニュース」がトルコ軍参謀本部の情報をもとに伝えたところでは、国境での検査は、シリアのある筋から、私物の中に爆発物を隠して国境を越えようとの試みがあるとの情報が入り、実施されていた。

なお参謀本部は、拘束された者達が、どんなテロ集団に属しているのかについては明らかにしていないが、新聞「ヒュリエト」は「検問が行われたトルコ南東部のカルカムィシが、テロ組織ダーイシュ(IS,イスラム国)がコントロール下に置くシリアの町ジェラブルスと境を接している点」を指摘している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала