フランス大使:夕方までに新政府が誕生する可能性がある

ジャン・モリス・リペル駐露フランス大使は、木曜夕方までにフランスに新政府が誕生する、との見方を示した。

「いま私は他の閣僚の訪問を準備している。今日の夕方、フランスで新政府が発足するかもしれない」。ロシア議会上院でスピーチした中で述べた。

フランスのオランド大統領とロシアのプーチン大統領 - Sputnik 日本
プーチン・オランド大統領 対IS大連合創設の可能性に言及
ファビウス仏外相は10日、内閣改造の結果、辞任することを明らかにした。仏ではオランド大統領によって数日内にも内閣改造が宣言される。オランド大統領は2017年の大統領選挙を前に閣僚名簿を書き換える構え。ロイター通信パリ支社が報じた。 ファビウス外相は記者団に対し、内閣改造の準備は数ヶ月にわたって行われており、来週にも明らかにされるだろうと語っている。

内閣改造が行われる背景には、オランド大統領の支持率が著しく低下し、テロに関与した市民からフランス国籍を剥奪する計画に関して、社会党内に深い不満が広がったことがある。

ファビウス外相はイランとの国際合意締結および世界気候変動のグローバル合意締結に重要な役割を演じた。ファビウス氏は外相を辞した後、憲法評議会の長を務めることになっている。

内閣改造がどれほどの規模になるかは未だ明らかにされていないものの、複数の情報では、外相にはジャン=マルク・エロー元首相ないしマリー・セゴレーヌ・ロワイヤルエコロジー・持続可能開発・エネルギー相が就任し、ヴァリス首相は現職のままとどまるものとされている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала