フィンランド大統領:ロシアは難民流入により「第2のトルコ」になる可能性がある

フィンランドのニーニスト大統領は、トルコがEUとの国境を閉鎖した場合、ロシアは「第2のトルコ」になる可能性があるとの見方を表した。

ロシア首相:世界情勢はドラマチックであり、統一された大欧州は存在しない - Sputnik 日本
ロシア首相:世界情勢はドラマチックであり、統一された大欧州は存在しない
大統領は、NTVのインタビューで、次のように語った-

「もしトルコが難民に対して自国の国境、あるいはEU諸国との国境を閉鎖した場合、難民の制御不能な流入が別の場所で形成されるだろう。この意味においてロシアはある意味『第2のトルコ』になる可能性がある」。

ニーニスト大統領はまた、もし難民の主な流入がバルカン諸国からずれてロシアへ移った場合、特にフィンランド、エストニア、ラトビアへの圧力が増すだろうと指摘した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала