米国とナイジェリア、水不足の国に挙げられる

オランダのトゥウェンテ大学の研究チームが水不足の人口の分布を評価し、サイエンス・アドヴァンス誌に結果を発表した。ニューヨークタイムズが伝えた。

家鴨に無理矢理エサを食べさせる - Sputnik 日本
英国のパブ、ヴェジタリアンの脅迫受けフォアグラをメニューから排除
水不足に苦しんでいる人の半分はインドと中国に住んでおり、残りはオーストラリア、バングラデシュ、パキスタン、ナイジェリア、メキシコと米国南西部(カリフォルニア、テキサス、フロリダ)となっている。

ロシア、ブラジル、カナダ、中央および東ヨーロッパでは水が不足していない。

定期的(少なくとも年にひと月)に水不足が原因で深刻な問題に直面する人口は全人類の3分の2(約70億人中40億人)。これまでは水不足を抱える人口は17-31億人程度と見積もられていた。

調査にはコンピューターモデルが使われた。人間が住んでいる場所が3100平方㎞ごとに分割され、各区画の月ごとの水消費量を調べ、水の備蓄と比較した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала