水中を蝶のように「飛ぶ」巻貝が発見 (動画)

欧米の海洋学者らによって、巻貝など腹足綱(ふくそくこう)のなかでも肉食のものは海面下を蝶のように「舞い」ながら泳ぐことができる事実が明らかにされた。腹足綱は飛ぶ際に一種の「羽」の役割をするヒレを使うという。この発見は科学雑誌「ジャーナル・オブ・エクスプリメンタル・バイオロジー」に紹介されている。

米ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学の研究者らによれば、飛ぶ腹足綱は外見が蝶に似ているだけでなく、昆虫が飛ぶのと同じ原理で飛行している。こうした飛ぶ腹足綱の肢は海洋無脊椎動物に典型的な「オール」型ではなく、小型の節足動物の羽のように8の字をかいて水を蹴って進んでいる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала