イラクで「非常に危険な」放射性物質盗難、ダーイシュ(IS)の手に渡る恐れあり

イラクは昨年盗まれた「非常に危険な」放射性物質を探している。この物質はダーイシュ(IS、イスラム国)の手に渡り、兵器製造に利用される恐れがある。イラク当局の情報としてロイターが伝えた。

カナダ空軍、 CF-18 - Sputnik 日本
カナダ、ダーイシュ(IS)に対する空爆を中止
昨年11月、米国の石油企業ウェザーフォード社の工場(バスラ近郊)から、ノートパソコン大の防護ケースに入っていた物質が紛失した。同社は、保管場所を所有してはいないため、責任は負えない、と発表している。イラク側によれば、放射性同位体元素イリジウム192が10グラム紛失した。

米国務省によれば、まだダーイシュ等のテロ組織はこの物質を手にしていない。

これ以前に米国・英国で大量のイリジウム192が紛失している。この物質はダーイシュによって、「放射能兵器」の製造に使われる恐れがある。通常の爆弾と放射性物質を併用したもので、一定の空間を放射能汚染するのに使われる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала