南極の氷に鉄の隕石が眠る

南極の氷には隕石の鉄が豊富な含まれているかもしれない。2月16日発刊のオンライン雑誌「ネイチャー・コミュニケーション」にこんな学説が記載された。

冥王星とその最大の衛星であるカロン - Sputnik 日本
NASA、カロンの地下に海を発見
研究者らはこの原因は隕石の持つ高い熱伝導率にあるのではないかとにらんでいる。太陽の光は南極の氷の透明な表層を通して数10センチほど奥まで達し、隕石を温める。その結果、隕石は氷を溶かし、氷河へと流れ出し、氷の奥深くに眠っていたものに影響を及ぼす。

こうした隕石は太陽系の発生の初期段階のプロセスを解明する鍵になりえる。これによってかつて太陽系に存在した原始惑星の数と種類の特定が可能になるかもしれない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала