登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

第66回ベルリン国際映画祭 最優秀作品賞に難民を描いた映画

フォローする
20日、第66回ベルリン国際映画祭の授賞式が開かれ、最優秀作品賞の金熊賞に、イタリアのジャンフランコ・ロージ監督のドキュメンタリー映画「火の海」が選ばれた。

Oscar Statuettes - Sputnik 日本
映画芸術科学アカデミー 「オスカー」をめぐる人種差別非難を受け、会員メンバー見直しへ
ロージ監督は「火の海」で欧州への難民流入問題を取り上げており、同作品では、不法移民の主な通過点となっている地中海の島ランペドゥーサ島の人々の生活が描かれている。

なお第66回ベルリン国際映画祭の審査委員長を務めたのは、米国の女優メリル・ストリープ氏。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала