日本初のステルス実証機 滑走試験実施

© AFP 2022 / Toshifumi Kitamura 日本初のステルス実証機 滑走試験実施
日本初のステルス実証機 滑走試験実施 - Sputnik 日本
24日、日本初の所謂「見えない飛行機」、ステルス性を備えた実証機の滑走試験が、愛知県で中谷防衛相立会いのもと行われた。

中谷防衛相は「すべてが計画通りに進んでいると確信した。我々は、国産ステルス戦闘機の開発と今後の航空産業全体の発展に大きな期待を抱いている」と述べた。

日本初のステルス機の開発が始まったのは、今から7年前で、開発に、ほぼ400億円を費やした。またステルス機の設計と製造には、200を越える企業が参加し、最先端技術が使われ、エアロダイナミクスの開発が進められた。

24日の最初の滑走試験の際、実証機は、滑走路を時速100キロのスピードで500m疾走した。初飛行は、来月3月に予定されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала